社員インタビュー|社員紹介|三井不動産リアルティ新卒採用サイト

社員紹介

社員インタビュー

土川 ひとみ(一般職)

つちかわ ひとみ

2015年度入社 リベラルアーツ学部卒
シェアリング事業本部
リパーク営業一部

Chapter1:入社を決めた理由
“人の気持ち”を大切にする会社


“お客さまと直接関わり、サービスを提供する仕事がしたい”という思いから、就職活動はアパレルなどの接客を中心とした業界を主に見ていました。不動産流通業界も接客に関わるという点で関心を持ってはいたのですが、大きく志望度が上がったのは、「これから成長が見込める業界」として父親から勧められたことがきっかけです。
そもそも住まいは人の暮らしに欠かせないものですし、日々の生活や家族構成の変化による住みかえ、相続といったライフイベントは多くの人が一度は経験することで、そこにはプロの手を必要とする様々な手続きが発生します。また、少子高齢化・人口減少時代を迎え、空き家の増加が大きな社会問題となる一方で、“優良ストック”と呼ばれる品質の高い住宅がこれまで数多く開発されてきた訳で、今後はこれらの既存物件が不動産取引の中心となっていくと言われています。新しく建物を建てるよりも、今ある土地や建物をいかに活かすかということの方がこれからは注目され、そこに社会全体のニーズもあると考えたのです。
いくつかの不動産会社を訪問する中で、当社に大きな魅力を感じたのは、まさに“人”でした。面接では履歴書上の表面的な部分ではなく、私の人間性を見た上で私の長所を引き出し、とても感動したことを覚えています。選考後の面談でも、私の素直な気持ちを親身に受け止めてくれました。これほどまでに“人の気持ち”を大切にしてくれる会社は他にないと思い、入社を決めました。現在に至るまで入社前とのイメージギャップはほとんどなく、優しい先輩方と恵まれた環境の中で、楽しく仕事をしています。

Chapter2:現在の仕事内容
全体を見渡す意識と、自分なりの工夫を


現在、私はシェアリング事業本部リパーク営業一部に所属しており、霞が関の本社オフィスで駐車場事業に従事しています。
主な業務としては、マーケット分析シートや契約書類作成のほか、入手情報および契約後のシステム登録などの契約に関する業務をはじめ、チラシの発注、収支状況の集計や営業進捗状況などの資料作成を担当しています。また、日常業務で普段お客様と直接関わる機会は多くはありませんが、駐車場利用者様からの料金問い合わせ等の電話対応もしています。私のグループは東京都内のリパーク事業地のうち、城東・城北エリア(江東区・台東区・江戸川区等)の約650カ所を担当しており、これらの事業地の土地所有者への賃料変更や地位承継手続き、料金変更の手配なども頻繁に行います。
時間貸駐車場は売上げや稼働率の微妙な変化と傾向を読み取り、最適な料金に設定できるかで今後の収益が大きく変わるため、料金をその都度最適な金額に変更することが一般的です。料金変更の依頼があった際に、業者への手配や精算機を遠隔操作し料金設定の変更を行うことも私の大事な仕事の一つです。
このように、業務は多岐に渡るため、優先順位とスピード、正確さを常に意識し、グループにとって業務が確実で効率的に進むよう日々取り組んでいます。また、チームのミッションを円滑に進めることも一般職の大きな役割の一つですので、忙しくても常にアンテナを張り巡らせ、全体を見渡す意識や工夫が大切だと思っています。

Chapter3:今後の目標
後輩やチームの立場となって、
期待以上の仕事を


私は決して器用なタイプではないため、入社1年目はなかなか仕事が思うようにはかどらず苦労しました。同じ部署には同期入社の一般職が数名いたのですが、自分の知らない業務を彼女達が既に教わっていると知ると、自分は遅れていると感じて焦ったり悩んだりする日々が続きました。それでもチームの役に立ちたいと思っていたので、私にできることは何かを考え、少し早く出社して事務所を整理したり、誰よりも早く電話を取ったりなど、地道な業務を大切にするよう心掛けていました。そんな私をきちんと見てくれて、優しく励まし、褒めることで自信を持たせてくれた先輩方には今でも本当に感謝しています。
現在は入社3年目となり直属の後輩もできて、自分自身大きく変わったと感じています。今までは目の前の業務を覚えることで精一杯だった自分が、教える立場になったことで周りに目を向けられるようになりました。どうしたら分かりやすく伝わるか、どうしたらもっと効率的になるかを、自分だけでなく後輩やチームメンバーの立場に立って考えることが増えたように思います。
自分の力を最大限に発揮して働くことが出来るかどうかは、“環境”による部分が大きいと思います。それぞれの意見を尊重する風土や、「この人たちのために頑張りたい」と思える仲間がいてこそ、ベストな提案や仕事が生まれるのではないでしょうか。
今まで以上に必要とされる人材になるために、期待を上回る仕事でチーム全体のパフォーマンス向上に貢献することがこれからの私の目標です。また、常に笑顔で職場の雰囲気を明るくすることにも継続して取り組んでいきたいです。学生の皆さん、いつか一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています。

経理部
経理グループ

岩佐 朱乃
一覧へ戻る