信頼のその先に
“圧倒的No.1“を目指して

莇 洋光
Hiromitsu Azami

  • 2006年度入社 経済学部卒
  • ソリューション事業本部
  • コンサルティング営業二部
  • 営業グループ
  • 2006

    物件調査・
    契約審査部門に配属

  • 2008

    成城リアルプランセンター
    に異動

  • 2011

    白金リアルプランセンター
    に異動

  • 2012

    青山リアルプランセンター
    に異動

  • 2016

    コンサルティング営業部
    に異動

お客さまの人生と
”本気”に向き合える
仕事に惹かれた

「将来自分に子供ができた時に、『お父さんはこんな仕事をしてるんだよ』と誇れるようになりたい」そんな想いを持って、私は当社に入社することを決めました。就職活動を始めた当初は、世の中に提供した商品が多くの人々に使われる影響力の大きさに魅力を感じ、メーカーの営業職を志望していました。しかし、「自分にとって誇れる仕事とは何だろうか?」と考えを深めていく中で、もっと深くお客さまと関係性を築き、「あなたから買いたい」と言っていただける仕事がしたいという気持ちが芽生えてきたのです。商品ではなく人で選ばれる、そんな仕事を求めていた時に出会ったのが不動産流通業界でした。

不動産取引は、人生の重要なタイミングで検討される場合が多く、お客さまとそのご家族に大きな影響を与えます。「家族とこの先長く過ごしていける理想の空間が欲しい」「家族のために資産となるようなものを残したい」など、お客さまそれぞれの想いは強く、気軽に何度も売買できない高額な取引であるため、失敗は許されません。そのため、不動産流通のプロは、お客さま以上にその方の人生と真剣に向き合い、想いを実現するための提案をすることや、ベストなタイミングで決断の後押しをすることが重要になります。決して簡単な仕事ではありませんが、お客さまの人生に深く入り込むことで築ける信頼関係や、他の誰でもない自分にかけていただける「ありがとう。あなたに任せてよかった」という感謝の言葉は、不動産流通業界ならではのやりがいだと思います。

私はそんな点に魅力と誇りを感じ、この世界で活躍したいと思うようになりました。実際に営業をする中で私が大切にしているのは、“お客さまに対して常に誠実である”ということです。もともと人が好きな性格でありますが、仕事でお客さまと接する際も常に、好きな部分を見つけるように心がけています。そうした気持ちは少なからずお客さまに伝わるものだと思っていますし、自分もやはり好きな方に対しては自然と誠実に対応したくなるのです。

不動産流通のプロとして、幅広い知識や経験はもちろん必要ですが、実は“人に対して誠実であること”が一番重要なのではないかと思っています。完璧な提案書を作る以前に、「お客さまの想いに本気で応えたい」という一つひとつの誠実な対応の積み重ねが、「莇さんに相談してよかった」という心からの感謝や信頼関係、そして成約に繋がってきたと今振り返って思います。商品でなく人で選ばれたい、家族に誇れる仕事をしたい、入社前に描いていたそんな想いを、今この仕事を通して実現できているのではないかと思います。

キャリアの全てが
今に繋がっている

学生の皆さんは、「不動産のコンサルティング営業」というとなかなかイメージしにくいかもしれませんね。私が所属するコンサルティング営業部は、投資家や資産家のお客さまの資産バランスを診断しながら、よりよい資産形成のためのお手伝いをしています。

例えば、「相続対策をしておきたい」「自分で築いた財産を有効に活用したい」といったお悩みを持つお客さまに、オーダーメイドのソリューションをご提供しています。時には税理士の方とタッグを組んで解決にあたるケースや、問題の複雑性から方針を決めるだけで一年ほど要するケースもあります。お客さまのお悩みは実に幅広く必要な知識も高度であるため、難易度は非常に高いですが、入社から身に付けた“一案件に向き合う姿勢”がこの仕事を担う上で生きています。

入社後、最初に配属されたのは、全国の営業社員から依頼される物件の調査や、契約書の審査を担当する部署でした。物件や周辺の状態など、現地を訪れては隅から隅まで調査するという経験を重ねました。時には営業社員からの質問に即答できず、悔しい思いをすることもありましたが、一年間で数千件の調査や審査を行ったおかげで、お申込み前に契約書や重要事項説明書が頭の中で自然と出来上がるようになりました。その後、仲介営業の部署に異動したのですが、この時が一番大変でした。

時代はリーマンショック直後、景気が低迷し、お客さまが激減してしまったのです。そのため、一つひとつの案件に非常に重みがありましたが、そんな状況下だからこそ、一案件にしっかりと向き合う姿勢が身に付いたのだと思います。交渉事をまとめきる力、そしてお客さまと長期的なお付き合いをするという私の営業スタンスは、この時代を経て確立することができました。

コンサルティング営業はお客さまとの関係がより深く、内容的にも難しい仕事ですが、だからこそお客さまに感謝していただけた時、成約できた時の喜びは何物にも代えられません。今では「莇さんにすべてお任せします」とまでおっしゃっていただくことも多くなり、お客さまの人生にとって大切な決断を私に委ねてくださることを、プロとして誇りに感じます。

お客さまと深い信頼を
築くその先にあるもの

三井不動産リアルティという会社において、さまざまなお客さまと向き合う中で感じるのは、「三井」のブランドに対する厚い信頼です。三井の起源は江戸時代にまでさかのぼり、数百年にわたってお客さま本位の商売を営んできたことで、そのブランドが培われてきました。不動産流通の領域でも、時代によってさまざまな住宅ニーズが生まれる中で、お客さまに寄り添い、期待以上の成果で応えることの積み重ねを通して「全国不動産売買仲介取扱件数No.1」の地位を築いています。

私も「三井」のブランドを背負っていることに大きな責任と誇りを感じていますが、このブランド力をさらに高めていくために、今担当しているコンサルティング事業の価値や私たちの本気の想いを世の中に広めていかねばならないと思っています。

昨今、ライフスタイルや価値観の変化により住宅ニーズが多様化していることはもちろんですが、それだけにとどまらず、日本経済の先行きが不透明な今、将来に備えた資産形成や相続税対策など、お客さまのニーズはますます高度化・複雑化しています。そうしたニーズにお応えしていくためには、不動産売買の提案だけでなく、多角的な視点からの問題分析やアドバイス、あらゆる問題を解決する質の高いオーダーメイドの提案が求められるようになってくると考えます。三井不動産グループの総合力を発揮していくことも大切でしょう。私たちコンサルティング営業部は、長年の実績とノウハウを駆使し、そうした問題に対して唯一無二の提案を提供することができると思っていますし、それによってこの事業の価値を多くのお客さまに知っていただきたいと考えます。

目まぐるしく変化する社会情勢の中で、常にNo.1で居続けるのは簡単なことではありません。しかし、時代の流れとともに変化するニーズに向き合い続けるマインドとそれに対する実行力があれば、不可能なことではないと思っています。これからも三井のファンでいてくださるお客さまを一人でも多く増やし、ブランド力を高めていきたい、そしてこの業界における“圧倒的No.1“を実現していきたいと思います。

MOTIVATION
GRAPH
モチベーショングラフ

マーケットの低迷を
乗りこえたからこそ、
強くなれた今がある。

SCHEDULE
1日のスケジュール

9:00 出社。メール確認、新着物件の情報取得
10:00 物件情報収集、メール返信など
11:00 顧客訪問
12:00 昼休憩
13:00 顧客訪問
15:00 情報整理、提案書作成
16:00 来客対応
17:00 メンバー間の情報共有
18:00 提案書作成
19:00 退社

PRIVATE
プライベートについて

家族と過ごすひとときに、
オンタイムへの活力を養う

私には5歳と7歳になる娘がおり、休日は子どもや妻と過ごすひとときを大切にしています。繁忙期になると、ついつい平日は仕事に没頭してしまいます。だからこそ休みの日は、家族とともに外出して気分を切り替えるようにしています。しっかりと休息をとると、「仕事もまた頑張ろう」という気力がわいてきます。現在の自分はそのサイクルをとても心地よく感じています。

莇 洋光
ソリューション事業本部
コンサルティング営業二部
営業グループ

関連するコンテンツ