• 三井不動産リアルティ札幌について
  • 先輩社員の声・営業実例
  • リハウスストーリー

企業理念に
ついて

EGAWA HISASHI
江川 尚志
代表取締役 社長

企業理念について

三井不動産リアルティグループの企業理念を
詳しくご説明いたします!

INDEX

POINT 1三井不動産リアルティグループの企業理念

三井不動産リアルティグループの
企業理念は「ミッション」と「バリュー」の2つで構成されています。

ミッション(目指す姿)

住まいや街の価値を活かし
よりよい暮らしのために
人に、社会に、こたえていく

当社が目指していく姿と社会において果たしていく使命
私たちの使命は、お客様の抱える"すまい"や"くらし"の様々な課題について解決のお手伝いをすることで、暮らしと社会を広く継続的に支えていくことです。私たちは住まいや街の価値そのものを産み出すことはできませんが、住まいや街が持つ価値を活かしていくことで、"すまい"や"くらし"に貢献しています。私たちは、暮らしを支えることで、社会と共に成長・発展していける会社となることを目指していきます。

バリュー(価値観)

ミッションの実現に向けて、
社員が大切にすべき考え方・姿勢

  • 誠実さIntegrityお客様と真摯に向き合い、その思いを
    深く理解する

    "人"が"人"に提供するサービスにより成り立つ当社にとって、お客様に対する"姿勢"、とりわけ「誠実であること」は、最も重要なことです。当社における"誠実さ"とは、お客様の思いを真摯に受け止め、深く理解し、行動するということです。私たちは常にフェアで高い倫理観を持った、お客様のベストパートナーであり続けます。

  • 専門性Professionalism専門的な知識やスキルの向上に向け、
    自分自身を常に磨く

    私たちは、お客様にプロとしての知見と経験にもとづく価値あるサービスを提供してご満足いただきたいと考えています。専門的な知識を積極的に身につけ、経験を積んでいくことで得られる知見の蓄積が、結果としてお客様のご満足につながっていくことを願って、日々、自己研鑽を続けていきます。

  • 挑戦・先進性Innovative Spirit新しい発想と情熱をもって
    可能性に挑む

    私たちは、世の中から必要とされる存在でありたいと考えています。時代が目まぐるしく変化する中で、常に新しい発想と、それを実現していくための強い意思と情熱を持って、積極果敢に挑戦し続けます。

POINT 2Innovative Spiritについて

Q1三井不動産リアルティグループの
"Innovative"な取り組みは
どんなことなのでしょうか。

三井不動産リアルティグループでは不動産に関する様々な事業を行っていますが、駐車場事業の「三井のリパーク」は新規事業のひとつとして誕生した事業です。
私が入社した頃、当社は"不動産の総合商社"とも称されており、時代を先取る様々なビジネスへチャレンジしていたのです。今では大きな事業へと成長していますが、スタートは本当に小さな規模から。業務を担っていた新規事業開発室という部署からは、たくさんのアイデアが生まれて形になり、そこはまさに社内ベンチャーのような雰囲気がありました。新たな可能性を追い求める"Innovative Spirit"は、昔から変わらず当社に脈々と流れ続けているものですし、私が仕事に取り組む上でも欠かすことのできない大切な志であると考えています。

そして現在、三井不動産リアルティの前身となる会社の創立50周年の節目にグループ全体で「TOMOSAKI ACTION(トモサキアクション)」という社内公募の新規プロジェクトを立ち上げました。「TOMOSAKI」は、当社のステートメントである「ともに、その先の未来へ。」にちなんで名付けられています。あらためて私たちの原点である"Innovative Spirit"に立ち返って、新たなサービスの種を社員とともに育成していけたらと考えています。

私自身も、これまでに見たことのないような発想に大きな刺激を受けており、不動産ビジネスの未来を拓く事業がこのプロジェクトから生まれることを期待しています。このように三井不動産リアルティグループには、受け継がれる"Innovative Spirit"と、チャレンジをサポートする充実した環境があります。

三井不動産リアルティグループのInnovative Spiritな取り組みについて

Q2三井不動産リアルティ札幌の未来に向けてのチャレンジについてお聞かせください。

まず、当社が変わらずチャレンジし続けていかなければならない目標は、No.1という立ち位置を追求するということ。全国で不動産仲介取扱件数33年連続No.1という結果に満足せず、ここ北海道エリアでも不動産仲介や駐車場事業の他に、各事業分野でのさらなるシェア拡大のための努力を重ねていきたいと考えています。

ただし、常に忘れてはならないのがお客様第一の視点です。地域に本当に必要とされる、そしてお客様それぞれにとって最適なサービスを展開するためには、ニーズに丁寧に寄り添う誠実な姿勢が求められるのではないでしょうか。その先に、北海道エリアでも圧倒的なNo.1という結果が待っているのだと思います。

これからも北海道の地域、そしてお客様に貢献する事業に積極的にチャレンジし、不動産ビジネスのマーケットを牽引する決意を持って、個性溢れる社員たちとともに日々成長を共有しながら歩んでいきたいと考えています。

三井不動産リアルティ札幌の、未来に向けてのチャレンジについて