贈与税

「お買いになった資産の買入価額などについてのお尋ね」

土地を購入したり、建物を新築した人に税務署から「お尋ね」が送られてくることがあります。
税務署は登記簿の記載内容の変更や不動産会社・不動産仲介会社・建築会社からの資料等を参考に「お尋ね」を送っているようです。
「お尋ね」により次のような点をチェックしていると思われますので、皆さんは細心の注意を払って持分を決定し登記を行って下さい。

  1. 明らかに共有持分が間違っていないか。
  2. 過去の所得に比べ、手持ちの預金が多すぎないか。
  3. 親子・兄弟間など親族間の借入が贈与に該当しないか。
  4. 贈与税の申告の必要がないか。
  5. 他の資産の売却代金の充当が適切に行われているか。