V

相続税・贈与税について

3.贈与税の仕組み

贈与税とは

贈与税は贈与によって財産を受け取った人に課税されます。不動産取得資金の贈与はもちろん土地や建物などの不動産、車などの資産を無償で譲り受けた場合、贈与税がかかります。
毎年1月1日から12月31日までの1年間の贈与財産の合計額に対する贈与税を翌年3月15日までに申告納税します。

税額算出計算式

課税価格 = 贈与財産価額 - 110万円(基礎控除)(注)

(注)基礎控除…年間110万円以内の贈与は課税対象外で申告は不要です。

税額 = 課税価格 × 税率 - 控除額(注)

(注)税率・控除額はⅧ各種資料「贈与税税率表」をご参照ください。

土地・建物を贈与する場合、その価格は原則として相続税評価額となります。贈与税の場合は小規模宅地の評価減の特例は適用されません。

< 計 算 例 >

平成30年に父より現在賃貸中のアパートの建物(固定資産税評価額1,000万円)の贈与を受けた場合、贈与税額はいくらになりますか。その他の贈与はないものとします(受贈者20歳以上の子と仮定)。

1.贈与税の対象となる建物の額

固定資産税評価額

借家権割合

 

1000万円 ×

(1 - 0.3)

= 700万円

2.贈与税額の計算

贈与税の基礎控除額

 

(700万円 - 110万円)×

20% - 30万円(注) = 88万円

(注)税率・控除額の税率はⅧ各種資料「贈与税税率表」をご参照ください。